Skip to content →

Quick Look Pluginsが便利だった話

OS Xの機能のひとつに、ファイルとかを選択した状態でスペースキーを押すと、その中身が簡易ウィンドウに表示される「Quick Look」ってのがあります(そんなの知ってるって?w)。で、つい先日まで知らなかったんですけど、これってプラグインが使えるんですね…。

quicklook-plugins

なんでも「.qlgenerator」なファイルを「~/Library/QuickLook/」ってフォルダの中に放り込めば良いと(*1)。Homebrew使ってる人は、以下のリンク先にもっと簡単なやり方が書いてあります。

Web制作関係に役立ちそうなMarkdown形式のプレビューや、各種ファイルのシンタックスカラーリング、.zipやアプリケーションの中身をのぞき見れるものまでいろいろあるようです。

詳しいことは、sindresorhus氏のGitHubリポジトリで。
https://github.com/sindresorhus/quick-look-plugins


*1: Finderから直接自分のホームディレクトリ内のライブラリを開けないと思うので、Finderで「Command+Shift+G」を押して出てきたダイアログに「~/ライブラリ/」って入れて「移動」ボタン押せばよろし。

Published in articles