Skip to content →

Slashを試してみた

これまでPhotoshopのレイヤーの書き出し、最近のWeb制作界隈での言い方だとスライス?は面倒くさいものでした。そこに「Slicy」とか「PNG Express」みたいな救世主が現れ、さらには本家Photoshopにも「Generator Assets」が追加されて…。おかげさまで助かります。

確かにどれか一個あればこれまでの負荷はだいぶ減りますが、欲は尽きないもので…(笑)。そういう機能にプラスして、もう少し柔軟に書き出し先のフォルダ(+階層構造)を指定するとか、書き出す複数のファイル名に自動でプレフィックス(btn_…みたいな)を付与するとか、ファイルのバージョン管理的なことができれば、なんて思っていたら「Slash」というのがあるらしい。

slash

うちのMBA 11’では気持ちもっさり感もあり、動作速度はマシンパワーに左右される感じですが、「あーそういうことできるんだー」ってのは動画を見ていただいた方が早いかな。ちなみに今のレートで2,000円ぐらい。

レイヤー名の変更が面倒な人は「Renamy」とかで一気にどうぞ。

Published in articles